リキッドファンデーションを止められぬ理由

で、リキッドファンデーションは?「勿論、購入したわ」ベージュよ。「へえ、中々良さげね」当然。けどさぁ...。「何?不満?」

最近、思ったのよ。結構購入量、使用期間、料金を思うと、全体的に年々負担してるなぁと。「そりゃまあ、安い商品じゃねーから」

リキッドファンデーションは。でもやめられぬ!「結局、使うんでしょ?」が少し、控えようか迷ってる訳。

「控え...、どう処置を?」例えば、回数を減らす等。「じゃあ、一切使用せぬ日も設ける訳?」そりゃ。

「別に、リキッドファンデーションの量減らした所で、あまり家計に大きな影響与えるとは、思わんけど」

姉さん、いくらリキッドファンデーションが大事でも、もっと真剣に節約、考えて頂戴。「分ったわよ。そこまで我が家の生計、切迫中?」

当然。日々逼迫し、このままじゃ生活必需品を買う事すら、いずれは...。「やはり男手おらぬ事が、問題」まあ、二人揃ってパート暮らしだからねぇ。

「早く亭主貰えばいーのよ...」それを妹に言える訳?